読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療 / ヘルスケア / startup、etc

医療 / ヘルスケア / スタートアップ / 医師転職 / キャリアなどについて書きます。私のキャリアとしては、国内大手自動車部品メーカー → 日本GE(GE capital) → 医療系人材ベンチャーのエムスリーキャリア立ち上げ→ 独立:医療コンサル / 01Booster:アクセラレーター。グロービス経営大学院 MBA。

【開催報告】6/10(金)麻生グループ 頴田病院 本田院長が語る!家庭医療による病院再建と米国式外来への変革について

一昨日、6月10日、金曜日の夜にも関わらず50名以上の方にご参加いただき、会場のキャパを超える大盛況でした。ご参加いただき、有り難うございました。また学会前日のお忙しい中、福岡からお越しいただきました頴田病院 本田院長には、心より感謝申し上げます。イベントページ:6/10(金)19:00-頴田病院 本田院長が語る!家庭医療による病院再建と米国式外来への変革

f:id:agent-hitoshi:20160612151844j:plain

2008年に4億円以上の赤字を累積し、経営困難となった病床96床・築40年超の老朽化した飯塚市立頴田病院。研修医教育では一定の評価を得ている飯塚病院を傘下に持つ麻生グループが、同年4月に飯塚市より頴田病院の経営を委譲され、当時35歳の若き院長が病院再建に挑戦。見事に3年目には黒字決算となり、市との約束であった病院の建て替えを果たすことができ、新病棟は本年5月に稼働開始した。

ハーバードビジネススクールの教授であるジョン・コッター氏の「変革における8段階のステップ(※1)」は有名ですが、JALカネボウなど数々の企業再生の事例を見てもわかるように、組織変革というものは一言で語れるような綺麗なストーリばかりではない。

ましてや、多くの医師が「これからさらに専門性を高めてスキルアップを!」という時期に、「火中の栗を拾う」がごとく経営破綻した病院の再建を引き受けるということは、今後の長い医師キャリア、その名に傷をつけるかもしれないリスクを背負う。

そんな中、当時35歳の若き院長が覚悟を決めて、病院変革にチャレンジされたストーリーは何度聞いても胸が熱くなります。

f:id:agent-hitoshi:20160612152101j:plain

セミナー最後に本田さんがおっしゃっていた、

『棚から落ちてくるぼた餅を見極め、そこで勇気をもって掴むことができるか。自分にはそれができた。気付かない人もいる。』

この言葉、本当に心に響きました。

病院変革の過程における、利害関係者との折衝は、当事者以外には想像もできない大変さがあったと思います。一方、様々な力が働いている医療業界において物事を前に進めるために『犬死にせず、したたかに、しなやかに事を進める』本田さんの姿には学ぶべきことが本当に多かったです。

セミナー後も、

「大変学びが多かった。日々の行動にも活かしたい」
「Strategic Reorganizationの事例としても大変参考になった」
「今後も医療業界に課題を持つ者同士の集まりをつくってほしい」

そんな声が本当に多かったです。

ちなみに参加者の属性としては、医師、製薬会社、事務長などの病院関係者、医療機器、人材紹介会社、新規事業担当者、事業再生、病院コンサル、他校のMBA生、そして、私の古巣エムスリーの元同僚たち(笑)など。約3分の1はグロービス外部の方で、参加者の80%は私も面識のない方たちでした。

利害関係のない場で、医療・介護業界に課題感を持つ者が集い、ディスカッションする機会というのは本当に重要ですね。今後もそんな場作り、人と人の引き合わせに貢献できればと個人的には思いました。

登壇いただいた本田さん、参加者の皆さん、本当に有り難うございました。また互いに学びましょう!!

f:id:agent-hitoshi:20160612152124j:plain


(※1)ハーバードビジネススクールの教授であるジョン・コッター氏は、100社以上の実例研究を通じて、企業変革において求められる8段階のステップを下記のように説いている

1. Establish a sense of urgency(緊急性の明確化)
2. Form a powerful guiding coalition(強力な変革推進チームの結成)
3. Create a vision(ビジョンの策定)
4. Communicate the vision(ビジョンの共有)
5. Empower others to act on the vision (権限の付与)
6. Plan for and create short-term wins(短期目標の策定と達成)
7. Consolidate improvements and produce more change(さらなる変革の促進)
8. Institutionalize new approaches(新たなアプローチの定着)

(出典)企業変革における8つのステップ | コラム | 大和総研グループ | 枝廣 龍人

www.dir.co.jp